マンガについて語ろう #002

話の掛け合いはコミュニケーションで1番必要な技である
カフェ春のマスターです。

ちょっと名言っぽいのがでましたね。
まさに、漫才と言いますか、話の掛け合いが学べるマンガと言っていいと思います。
今回紹介したいのは、このマンガ。

セトウツミ

です。

ドラマにもなったので、知ってる方も多いかもしれませんが、読んだ事がない人が多いかもしれません。

このマンガは2人の男子高校生がお互いに喋るというだけのマンガです。
格闘があったり、敵が出てきたり、何かの目的があったり、そーゆうのが一切なく、
「喋る」
話の掛け合いをする
ってマンガです。

男性の方に伝えたい事は
このマンガ、適当に読むのではなく、真剣に読んでみて下さい。
コンパで使えます。
話のテンポと被せ合いがうまい。
爆笑を狙うのではなく、話の掛け合いの中で小笑いを取り、最後のオチも笑いながらオチる流れがコンパでも参考になると思います。

コンパ、コンパ言ってたら遊び人みたいですが、決してそうではなく、休みはただの引きこもりですが、このマンガは面白いし上手いなと思いながら、いつも布団の中でクスクス笑ってるマスターです。

おすすめ記事

  1. 食べ歩き#001

関連記事

  1. マンガについて語ろう #003
  2. 武雄図書館に行ってみた。
  3. マンガについて語ろう #001

最近の記事

アーカイブ

ブログカテゴリー

最近の記事

PAGE TOP